コロナ療養記

これは2022年4月の情報となります。私の仕事などを簡単にお伝えしましょう 子供とふたり暮らしの片親家庭です。 仕事はIT関係のためフルリモートで一日中家に居ます。 外出するのは買い物と用事がある時だけくらいです。 あとは朝のジムくらいでほとんど行ってませんでした。 土日の遊びは抜いてとなりますが感染者が増えれば増えるほど自宅にいたため、ほとんど家から出ることはないです。 そんな私でもコロナになったんです。

コロナ発症前

なんか違和感を覚えていた。 2022年4月8日、子どもの入学式があり朝は仕事をしていてバタバタをしていたため 喉の違和感はさほど覚えていない状況。 だるさもなかった。 実家に行き4時間以内ではあったが滞在。 その後家に戻り政治関係の配信の1回目が待っていたので、行っている途中 やたら喉がイガイガというか何か違和感と腫れている感じがした。 とにかく喉も渇く感じがする、飲み物をすぐに消費してしまうくらいだ。 なんとか1時間30分を終えた。 その後反省会などがあったので3時間くらい話したかもしれない。 とりあえず疲れたので寝よう。とその日は終わった

コロナ発症1日目

2022年4月9日 翌日喉がおかしい、けどもそれくらいで特に動けていたので日常を過ごしていた。 といっても土曜日のため家族サービスはしなくてはいけないため、お出かけをしてしまっていた。 (この時はコロナというのはわからなかったので出かけるのは致し方無いと思う。) 出かけると言ってもドライブだった。 春の交通安全運動のせいかあまり乗り気ではなかったが・・・。 とりあえずなんかしんどいなぁという気持ちもあったけど、子どもの事が最優先であるのでせっかくの休日で晴れの日だったので出かけた。 目的は車の祈祷だったので、ほぼあけっぴろげでむしろ寒いくらいの神殿でご祈祷をしました。 自分はご祈祷のとき以外はあまり人の中にいたくなかったので、ほぼ外にいた。 子供も人の中では我慢ができない子のため外にいることが多かった。 終わったあとはすぐに地元の方に戻った。 戻ったというか戻りたくて仕方なかった、だるさを若干感じていてこれ以上気持ちの上でも何もする気にならないという感じだった。 家に戻った後一度寝っ転がった。 すごいだるい感じがして何が起きたのか自分でもわからない。 「3時間程度しゃべりすぎたのかなんか喉の腫れてるなぁ」 この奥から痛い感じ、違和感一体なんなんだろうな。とだるさも感じる気がする。 横になりたくて仕方ないのはなんでだろうか。 気のせいな感じもしなくはない。 気がするのはなぜなのか。

だるさが感じないのはあれのせいだった

だるさってみなさんそれぞれ感じていらっしゃると思うのですが。 私に至っては多少のだるさでも動けてしまう体になってしまっているのです。 それはなんでかっていうと。。 「甲状腺機能低下症」という病気を持っているからです。 甲状腺機能低下症とは・・・ 今は橋本病の診断が下ってから「チラージン」という薬をもらっています。 その前はというと、起き上がるのが非常に辛い状態。 体中が重しというか筋肉や肉や骨が動くということを忘れてしまったかのように動かない 動くってなんですか?って言わんばかりに動かない。 プラスアルファかなりのうつ状態です。 自分はうつ状態が元々あった気がするので、あまり橋本病になったからと言ってうつ状態になったというわけではないのです。 とにかく毎日怠い、眠い中子供は小さかったためにギャンギャンなく訳です。 どっこいしょも人生で一番の力を振り絞ると言っても過言ではない状況なのです。 それが2年ちょっと続いていたのです。 上記に比べたらぶっちゃけコロナのだるさなんていうものは屁でもないわけです。 なので動けてしまったわけなのです。 必ずしも怠さでコロナがわかるというワケではないので、持病やだるさが常にある方はちょっと気をつけてください。 いつもとは違う警戒感を持っていただきたいです。

起き上がれないくらい体を休めたいのもいつもどおり

おそらくですがうつや自律神経が橋本病の関係でおかしいため、起き上がれないくらい体を休めたいのはいつもの事でした。 なので眠たいなんてほとんどなんです。 今回コロナだって思うのに差し当たる事項に関してすべて自律神経のせいなんだろうな。 もう少し寝とけばなんとかなるだろう。 これがあるからいつもとは違う警戒感を持っていただきたいです。(2回目)

医者にいけない・・・よぎったものは

発熱外来に電話しようかどうしようか自分は迷っていました。 だって、コロナじゃないかもしれない。 行くだけ無駄かも。 自分には子供がいて、病院が苦手な知的障害の子供がいる。 それを付き合わせるのは難しいワケで、どうしたもんかと悩み悩んでたわけですが。 いや、やっぱり怠いし!熱はそんなにないけども連絡しよう! 総合病院の発熱外来に電話をした。 そしたら言われたのは「今日の検査キットは終わったので見れません。明日来てください」 このときに思ったのがついに来た!お断りがこれか!と思いました。 時間はすでに夕方・・・。個人病院なんてやってるわけがないので総合病院しかなかった 市民病院でもよかったのかもしれないけども、市民病院はさすがに遠い距離に家があるために車を飛ばしても無理だな。 と思ったので近くの総合病院にしようと思ったがそれでもダメだった。 とりあえず身近な人に連絡を取ったが、あまりそれっぽいくらいしか話せなくてお先真っ暗でした。 一応コロナに詳しい市議さんに情報をもらっていろいろと陽性になった場合の対応を聞いて備えました。

陽性疑いでもやっておいた事

発症1日目の夜にやったことはネットスーパーの利用でした。 夕方受け取りであれば問題ないだろうということで、いろいろ買い込んでおきました。 これは元気なうちというかやれるときにやっておいたほうが良い事です。 万が一陽性になってしまった場合買い物には行くことができない。 あと、このコロナ禍もありネットスーパーが当日に来ない地域もあります。 うちの場合は大手のネットスーパーは3日後の配達でした。 ですがもう一つのところは幸い当日でしたので、ありがたい気持ちで利用いたしました。 この日はとりあえず寝よう!早く寝よう!と思い早めにベッドへ。