無料ツールcanvaでBUYMAの商品画像を作ろう

在宅ワーカー

ここ最近アルバイトの募集でも見るようになった出品のお仕事。
今まではクラウドワークスとか外注用のサイトくらいじゃないと募集がなかったのですが。
もう定番のアルバイトになってきているようです。
時代はすっかり方向転換をしたようです。

今回はBUYMA用の商品画像を作るための記事を作成いたしました。
BUYMAは今コロナ禍であっても売上が落ちるということはないようです。

ブランドものは高いだけじゃない。

ブランドものなんてコロナ禍だし贅沢
外に出ないし必要ない

このようにいう方もいますが私はむしろ必要だな。と思っています。

最近はキャッシュレス化が進み財布とかも小さくなってきてるし
カバンも小さくしたいのですが。
ノーブランドだとやっぱり使い勝手が悪いし、すぐに壊れる・・・

エコではない。
今のブランドものってとても使い勝手が考えられている。
ニーズをしっかり捉えられてるんですね。
しかも長く愛用できるものが多い

[instagram url=https://www.instagram.com/p/CJqx5gNAkAl/ width=780 hidecaption=true]

ブランド=高い だけのイメージは非常にもったいないです。
しっかりしてる作りで長く愛用してもらうという品質も担保されているのがブランドです。

ルイヴィトンがブランドのすべてではない

[instagram url=https://www.instagram.com/p/CI8DU63MrSz/ width=780 hidecaption=true]

バイヤーの仕事をするまではCHANELやルイヴィトンがブランドのすべてだと思ってました。
もちろんほかも知っていましたが、買うことがなかったのでどうせな。というイメージ
ルイヴィトンやCHANELは高いだけ。
かっこ悪い。って思ってました。なんでみんなルイヴィトンがいいんだろう。って思うくらい。
今もそれは変わってないかもしれない。
むしろルイヴィトンやCHANELしか見ていない人はもったいないなぁと感じてしまいます。

BUYMAとは

BUYMAとはブランドをメインに扱う転売サイト
バイヤーの皆さんは「転売」と言われることは少し抵抗があるかもしれませんが・・・。
出品した商品は在庫か無在庫で販売をしているのですが、そもそも自社の商品じゃないので
転売です。
メルカリとかラクマとだいたい感じは一緒ですが、取り扱っている商品の値段が半端ないわけです。
私が取引した商品は平均30万円とかでした。

今や出品したもんがち!

商品登録=出品ですが、正直どのフリマサイトを見ても出品したもんがちになってます。

メルカリの場合は新規出品をどれだけできるのか

BUYMAであればどれだけ数を出品できるのか。

PayPayフリマも出品しなきゃ始まらない。
Amazonも商品登録がたくさんじゃないと人の目に止まらない訳なので
商品登録はいかに必要な仕事であるということがわかりますよね。

最も需要の高い商品登録

商品登録作業というのは非常に需要の高いお仕事です。
なぜかというと商品登録作業というのはなにげに時間がかかります。

リサーチやお客様との取引・対応、ショップとの対応
外注さんとのやりとりをしながら商品登録というのはなにげに難しい。

もちろん出来ちゃう人もいるんだけど。
時間が足りない主婦層バイヤーなんてまあ難しいですね。。
なかなか時間が取れない。

主婦こそやったほうが良い商品登録

よくコツコツした仕事が好きな人とか募集で書かれているのですが。
もちろんコツコツした仕事が好きな人もいいのですが。
この商品登録というのは時間の縛りがないのです。
特にBUYMAに関して言えば海外に住んでいてもできてしまうのです。

むしろ海外に住んでいるほうが有利だったりします。
IPアドレスの関係で海外のIPアドレスでなければ見れないページもあります!
同時に買付も一緒にやってあげれば買付の代行手数料と出品のバイト代で
稼げること間違いなしです。
もちろん日本国内で田舎に住んでいてもアウトレットモールが近いとなれば
そこで見てきた商品をアップするということも可能!!

かけもちするなら商品登録作業


普段パートで仕事をしていて夜の仕事をしたい
だいたい。3時間程度のお仕事であれば毎日やったとしても3万は稼げるはずです。
もちろん商品登録をした分だけになりますが、それ以上も見込めるということです。

何よりも家から出なくても良いので3時間トータルで取れたら十分です。
疲れていて家だと無理。ってなるかもしれないけども
それも最初だけ。今は特に飲食業などはパートがない分商品登録作業を家でやれば
十分にお小遣い以上稼げるわけです。

必要なものとスペック

商品登録に必要なものと言えば
パソコン
画像処理ソフト

スマホでできるのはメルカリとかですかね。。
それでもあまり向いていないのでオススメできません。。。
BUYMAに関して言えばパソコンがあれば良い!

画像ソフトは無料ツールで十分

画像ソフトといえばphotoshopとかGIMPが主流です。
もちろんこのソフトが使えたら問題ないのは間違いないです。

Photpshopって難しいと思っている方結構いるのですが。
私はよくテンプレートを渡していたのであまり難しくないんですよねw
高額?!っていう方もいるのですが980円の月額があるので特に痛くも痒くもない。。。

GIMPに関してはオール無料なのですが、ちょっと使い方はめんどくさいというか
Photoshopを使っている人からしてみたらGIMPを使うのは最初だけかな。
そんなイメージです。

Canvaは無料ツール

Canvaとは画像加工をメインとしたオンラインで使えるツールです。
これの何が便利かと言うと・・・

スマホ、iPad、パソコン 3つの端末1つのアカウントで使える

やりかけの画像をスマホで外にいる間にやってしまおう。ということもできます。
もちろん商品登録以外にもSNSやインスタなど投稿画像も簡単に作ることができるのです。
それ以外にもポスターや名刺を作りたいなどなど。

あとは私のお友達「ぽくらん」ちゃんはCanvaで自分のキャラクターを作ったり
いろいろなヘッダーを作り、販売をしたりなど多岐に渡り活動をされています。
Canva一つ使えるようになれば商品登録だけでなく様々な活動に活かすことができます。

基本的に無料!使い方は簡単です。

基本的に無料で使えるツールなのですが、私は有料を入っています。
有料の方が豊富なエフェクトや文字のフォントなどが使えます。
あとは写真やイラスト素材などが豊富に使えるのでPhotoshopと平行して使っています。

BUYMAの商品登録に使う機能

ほとんどが白抜きが多いと思います。
あとはグラデーションをかけたい場合は少し工夫が必要になりますが。
やろうと思えばできなくないです。
ただ、最近のBUYMAの出品状況を見ていると・・・
あまり凝ったものがない。
十分Canvaでやっていけるなぁと最近の状況を見て思いました。

デメリットはある

やはり無料ツールなだけに限界はあります。有料だったらいいのか。というとそういうわけではありません。
それも限界があるみたいです。
「切り抜きを一部だけしたい」
「ぼかしをいれたい」
こういうことには不向きです。

限界を感じず画像処理をしたい!というのであればやっぱりPhotoshopやGIMPが良いでしょう。

ただ、今のBUYMAの状況を見るとあまりそこまで求められていないので
私はCanvaで十分だと思います。

さっそくBUYMAの商品画像を作ろう

ではCanvaを使って商品登録をしていきたいと思います!
まずは練習をしてから実戦に挑んだほうが良いでしょう。

ちなみにディテールとかは各バイヤーさんによってバラバラだったりします。

じゃ、練習しなくても良い

練習しないでも良いっていうことになるかもしれませんが・・・。
できるだけ迅速に画像処理はしたいですし、何よりも採用されたいですよね。
採用される前に頑張って覚えるぞ。という高い意識がないと心折れてしまう可能性が高いので
とりあえずやってみましょう!

まずは簡単な方法で

1:こちらの画像であれば簡単にできます。


2つの画像の白抜きをします。
合わせればOKです。

2:バリエーションの画像


Canvaには便利なグリッドという機能があります。
グリッド機能を選んで写真を合わせれば良いだけ!

知っておきたいルール

BUYMAの商品画像はルールがあります。
ただ、守っていないバイヤーさんがたくさんいます。
下手したらアカウント停止になりますが、外注で仕事しているならば気にしなくてOK
バイヤーさんの責任になりますからね。

パクるのはアウト

ちなみにロゴをブランドサイトから取って来るバイヤーさんがいます。
よーくやっている方がいるのですが著作権侵害にあたります。

知っておこう!著作権侵害
https://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime8.html


じ・つ・は!私は知らなかったのでやっちまいましたよ!
ブランドによってかなりうるさいブランドがあります。。

怒られるところ
Kate spade newyork
ここはみんな通る道!!

みんな注意されます!まんべんなく!
Micheal Kors
Tory Burch
CHANNEL
Louis Vuitton
STONE ISLAND
Supremeなどなど  
一部でございます。


公式サイトのモデルを使用

これはやり方により合法という感じです。なので、必ずしもアウトではありませんが、
ブランドやモデルにより使ってはいけません。
コラボしている場合は特に気をつけなければいけません。
モデルや芸能人の事務所も絡んでくる問題になるので気軽に利用をしてはいけないので
疎いバイヤーさんがいたら教えてあげましょう。

画像について知ってみましょう。

画像にはJPG,JPEG,PNG,GIFというファイルがあります。
画像ファイルと言って、jpg,jpeg,png,gifというのは拡張子と言います。
この拡張子が異なると画像の解像度(綺麗さ)が変わってきます。
ただ、拡張子を変えればいいというわけではありません。
例えばユニクロのTシャツをヴィトンに書き換えたからと言ってヴィトンになるわけではありません。
それと同じです。
一番キレイなのはPNGです。PNGはきれいだけでけども、重たいです。
ブログとかは絶対におすすめできない。商品画像であれば問題なし♪BUYMAがOKしているので大丈夫です。PNGかJPGでお願いします。

JPG,JPEG違いってなに?


同じです。
単に昔のパソコンには文字制限がありました。
その習慣があって今も使っているというところです。
Jpeg形式は一旦不可逆圧縮にするので引き伸ばしたりすると荒くなる
小さいTシャツを無理やり来たら伸びちゃうのと同じです。
画像をきれいに保存するのであればPNGということです。


Canvaが使えるようになったら他のサイトの商品登録もしましょう

メルカリ
ラクマ
WOWMA
楽天
ヤフショ・Paypalモール
Amazon

Canvaが使いこなせればECサイトこだわらずに様々な商品登録に望めるでしょう。
BUYMAができなくても他で活躍ができますので安心してくださいね。
その他にも名刺を作ったりすることができればファンサイトの名刺を作ったり
いろんなお仕事が受注できます。
お小遣い稼ぎにはもってこいの技術を取得しましょう!

まとめ

ご自身がECサイトをやる場合でも
Canvaを使うことで高貴なイメージのブランドの商品画像ができます。
ソフトは重たいし、旦那さんに黙って入れると怒られる。
どうやって導入したらいいかわからない。
とかたくさんあると思います。
その心配がないのがCanva!使いこなせるようになれば仕事ができます。
趣味から仕事に繫がり収入になり、自分のお小遣いゲット!
Canva一つで作業の効率化・収益ができるのであればたくさん使いこなしましょう!