休校騒ぎから10ヶ月改めて在宅ワークを考える

在宅ワーカー

2020年2月最後の日 当時の安倍総理は急に学校を休校するということを閣議でもなく 感染対策本部で言い放った

デイサービスも学校も混乱した

夕方の忙しい時期ですよ。 しかも木曜日の夕方です。 私はデイサービスの先生にすぐに連絡をして、わかったら連絡をもらうようにお願いをした。 私の一報がどうやら最初だったらしくそれから大混乱が起きたらしい。

抜き打ちテストより経ち悪い

学校の先生たちも大混乱。 何しろこれって各自治体や学校に通達されていなかったこと。

(政治家)金曜日は普通に学校に行って土曜日〜日曜日の間にいろいろ考えてください。

こんな丸投げ

急に先生が「はい。これからテストするぞ!これ、内申点に関係するからな!」と いうのと同じくらい(あ、もっとかもしれません。) それくらいの事でした。

翌日先生たちは対応に追われるというのはかなりさらっとした言い方になります。

先生たちは何も知らないんです。 どっきりを仕掛けられたんだから 県の教育委員会もわからないんだから(あ、ほとんどは市ですね。うちは県)

うちの子供は支援学校で県立なのです。 なので住んでいる市の方針とは違うので周りのお母さんに聞くということができません。 プラスアルファ支援学校だから、特別措置を取る可能性もあります。 そうなると尚更情報がほしくなるのですが。 現場の先生たちも知る由もないから何も伝えられないんです。 何をやらかしてくれているのやら。

結局尻拭いはデイサービスや学童だった

 

学校が休校になるということは変わらないので結局頑張ってくれたのが 「デイサービス」と「学童保育」「NPO主催の図書館見守り」だった。

だって、両親共働きが多いこの社会で休校になろうが仕事はあるわけだし。 やっぱり出ないといけない 学童に行っていない子は家にいることになります。

そもそもほんとにこれってやっちゃいけないやり方でした。

デイサービスはまだ春休み前でシフトも組んじゃってるし。 急に10時とか早めの預かりなんて対応ができるわけがないんです。 頭、大丈夫かよ。。ってため息ものでした・

順番が逆!

緊急事態宣言が出されたのは4月7日です。 北海道は少し前から短期間で出していましたが・・・。

学校休校は3月2日です。

普通は逆です。

さっきも言いましたが、親は仕事しなくちゃいけないのに子供が休校 家にいさせるの?!という自体に陥りました。 普通は順番が逆なんですよ。 親が緊急事態宣言により家にいるようになってから子供ならわかるんです。

学校がクラスターになるエビデンスはなかった

まだ、あの時は学校がクラスターになるというエビデンスも何もなかったわけで。 なんで子供が優先的に休まなくちゃいけないのか。 理由が不確かでした。 基礎疾患を持っている老人と一緒の家に住んでいる。という理由であれば 大人に緊急事態宣言を出してしまったほうがよっぽどなのに。 経団連が何か言ったのかな。という考えが出ちゃいます。

それを思うと順番が逆すぎるんです。 どっちかというと一斉にやれよ。ってあの時思いました。

お弁当があっても仕事はある

学童・デイサービスになると急に降り掛かってくるお弁当ライフ 春休み・夏休みは心の準備ができているけども急に来たので スーパーから米は無くなるし!ウインナーやブロッコリーがなくなりました。 いろいろやることが多い中正直、仕事なんてやってられない。状況でもありました。

でも、仕事は一応通常通りなので関係なくあります。 毎日お弁当を作り、通勤をしてとなるとかなりの重労働になります。 お弁当を作るために早起きをして朝ごはんとお弁当を作って一緒に出る! 1日1日疲弊してしまうお母さん方が多かったと思います。

それに比べて私は通勤時間がないので、どっちかっていうと遅く起きてましたwww

お弁当とご飯なんて8時に作ってもいいし。 いつもだったら7時50分には家を出てたんですが、それが遅くなっちゃったので 一旦ご飯を作ってからお弁当をゆっくり作るっていう事もあり 楽でした!

時給制は大打撃だったけど関係ない

休校中、デイサービスは一応入れている日は来てください。と言われました。 なぜかというと一応来る生徒に応じて支援員の配置をしている関係上 人数が大きく変わるとかなり混乱してしまうそうです。 なので、熱とかがない限りは来てください。と言われて行きました。 でも、時間は10時からの事業所と11時からの事業所があるので その間息子と二人で何もすることもなく家で喧嘩をしていた気がします。

お給料は減り確執すら生まれてしまった。

10時から開始の事業所でもお迎えは10時から 11時だと11時から順番にお迎えがくるので実際は10時30分だったりします。 11時だと11時20分だったりします。

このときに困られたお母さん方が多く休みを余儀なくされた方もいたのは 早くに預かれないために仕事を休むとか遅刻をせざる得なかった。 会議とはは出れないし、時給のお母さんたちは給与に響いてしまった。

ひとり親は給付がもらえるからいいじゃん。

というお母さんもいるが

給付だけじゃどうにもならないし!
というシングルママさんも居たり確執が生まれてしまった。

テレワークには時間・天候関係ない!

お迎えの時間を待っていると始業時間が過ぎてしまい困るところですが 在宅なので別に仕事してる途中にお迎えきてもらってもいいので、 遅刻・休むことなくしっかり仕事ができていました。 そこが在宅の良いところですね。

コロナ禍でも収入に変化なし

そもそも私が作業していたところはASPと言って インターネット関係の仕事でもあるのであまり支障はありませんでした。 しかも事務だったので作業自体も無くなることはないし、業界的にも無くなることはその時はありませんでした。 逆にいつも通りなのに昼ごはんなど出ていくものが多くて困りました。。。 でも自慢ではありませんが、定額給付以外はもらっておりません。

まだ続くコロナ禍

今はもう一斉休校はなくなりましたが、学級・学年閉鎖が起きています。 しかも、一回かかったとしても他の子がコロナに感染してしまえば関係なく学級閉鎖です。 インフルエンザのときは5人以上とかで閉鎖になっていたかと思いますが おそらく来年までは1人でも出たら閉鎖になる可能性が多い。 そうなれば仕事の影響もまた出てしまうため、収入に影響が出てしまいます。

もう終わってるしと思っている人が多い

もうコロナって終わってるしそろそろ仕事増えるでしょう。って 思っている方いるかと思います。 確かにこんなに発生している人がいるんだから大丈夫だよ。もうって思うかもしれません。

一応感染者は16.7万人 1億2千万人の日本の人口なのでまだ0.12%の人しかかかっていません。 ということは結構騒がれてはいるものの感染者はそんなにいないので、まだ感染はこれからという感じです。 もちろんワクチンや治療薬が出ればこの状況はだいぶマシになるかもしれません。 とコロナだけの話になっていますが、コロナは変異します。

欧米やEUで流行したのは変異したからと言われています。 正直コロナがどうなるのかまだ、わかりません。 むしろ今から変異をしてさらに重症化することもあります。 一回かかったから大丈夫ということもなく、何回もかかる可能性も高くなってきています。

テレワーク社会は終わらない?

もう大丈夫だろう。と思ってテレワークに力を入れなかった会社はこれからどんどん場所を失うでしょう。 今回テレワーク化でわかったことは日本国内だけでは経済はあまり回らないというのが明白になりました。 Go toトラベルでも今はインバウンド需要がないから観光業は打撃というのをよく聞きませんか?

ようは海外との取引で成り立ってきている分野もある。 一つ歯車が狂ったらすべてが噛み合わずいろんな業界に影響が出るということです。 結局、地球単位で仕事が回っているということなんですね。 移動制限もしばらく続くでしょうし、やっぱりテレワークは必然となっています。

アナログな会社は無くなる

今回感じて思ったのが、アナログな会社はどんどん無くなります。 すべてがオンラインだったらいいのかというとそれもNOです。 オンラインとオフライン両方に対応している会社でないとこれからは危ないでしょう。 とすると下町のアナログな会社は残念ながら無くなってしまう可能性は高いです。 むしろ下町のアナログな会社が少しでもネットの社会に参入すれば可能性が広がるのでもったいないでしょうね。

これから需要が高まっていく在宅ワーク

一発屋に見られる在宅ワークではありますが、今の状況テレワークでないと回らない社会になってきてます。 収まった頃にはもうテレワーク需要が当たり前になっています。 当たり前になってしまったということは必然的になってきます。 ライフスタイルが仕事中心ではなくなっていくでしょう。 そうなるともうテレワークができている環境でないと何もできずに毎日不安を抱えるだけになってしまいます。 今すぐにでもパソコンができないという概念をぶっ潰してやったほうが良いです。